レンタルCMO特設ページ

無料オンラインボトルネック診断ご希望フォーム

LINE@から無料診断希望の方

LINE@限定プレゼント

「無料オンラインボトルネック診断」は、マーケティングに関するお悩みを分解し、どこを改善すると成果が出るか診断する、レンタルCMOの体験版です。

LINE@からも相談可能で、LINE@登録をすると今だけ「デジタルマーケティング基礎戦略ノート(約50ページ)」を配信しております。

LINE@では旬のマーケティング情報も配信予定なので、「友だち追加だけ」でも大歓迎です。

LINE@無料相談
1分で登録完了!登録だけで管理者に通知されることはありません

フォームから無料診断希望の方

<必須>お名前
記入例:集客太郎

法人名
記入例:株式会社集客太郎

<必須>メールアドレス(携帯・PCどちらでも可能)
記入例:shukyaku@xxx.com

ご相談内容(自由記述)

マーケティングに関するこんなお悩み、抱えていませんか?

①新しく立ち上げを行うときの課題(0→1)

商品開発

✓社内リソースが足りなくて新規事業に人を割けない
✓新規事業を立ち上げるときの段取りがわからない
✓考えているマーケティングの方法が正しいかわからない

②既存事業を強化するときの課題 (1→100)

営業課題

✓テレアポや飛び込みなどのアナログな営業手法はもう限界だ
✓営業のリストが枯渇してきた。リストを増やしたい

集客課題

✓自社商品をもっと多くの人に認知してもらいたい
✓マーケティング会社にお願いすると最低金額が高すぎる
✓広告の成果指標がよくわからない
✓いまお願いしている広告代理店の手法が正しいのか不安だ
✓お金をかけてホームページをつくったが、それからどうするべきかわからない

採用課題

✓Indeed、Googleしごと検索など、IT採用についていけていない
✓採用コストが高騰してきたが、WEBだとどれくらい抑えられるかわからない
✓採用オウンドメディアをどのように作り、運用すべきかわからない
✓Twitter、Youtube、Wantedlyなどの採用におけるSNS運用方法がわからない

それ、レンタルCMOに相談してみませんか?

レンタルCMOとは?

レンタルCMOとは、「プロのマーケティング責任者」定額でレンタルすることができるサービスです。あなたのマーケティングのお悩みを経営コンサルタントが課題分解し、その後、最も課題となる部分について各分野のプロが1人分の人件費以下でフォローします。

※CMO(Chief Marketing Officer)
=最高マーケティング責任者

いま、レンタルCMOが求められる理由

ブランディング戦略、SEM、SEO、SNS、UI/UX、効果検証、ABテスト、営業との調整…マーケターの守備範囲は広く、1人ですべてを補うのは大変だし費用もかかる。だから、ワンストップで総合的に考えつつも、ポイントを絞ってアドバイスできる人がいることが大切です。

マーケティングは集客施策だけを最適化しても成功につながりません。前工程の商品戦略、後工程の営業戦略なども含めて適切な対応を取ることが大切です。

マーケティングは小さな実験を繰り返して改善を続けることが重要。だから、1人の視点だけでなく色々な角度から実験の精度を上げるための視点を持つことが大切です。

レンタルCMOと他社マーケティングサービスとの3つの違い

お得な定額制
凄腕CMOが仲間に

✓企業のマーケティング全般を支援する現役専門家集団がサポート。

✓マーケターを一人雇うよりも圧倒的に安く知見も深い

監修するのは現役
経営コンサルタント

経営課題・営業課題・採用課題を踏まえた相談も可能。

✓施策の前後の工程を考慮し、集客以外の課題解決も可能。

戦略だけでなく
実行の支援も可能

✓口だけでなく、手も動かして実績を出すプロ集団。

社内のリソースを使うことなく事業成長を実現!



レンタルCMOのサービス範囲

①新しく立ち上げを行う際の支援 (0→1)

1 戦略

■競合や市場環境への考え方相談
■STP4Pの考え方相談

2 商品企画/開発

■商品のコンセプト相談
■商品のデザイン・開発相談

3 PR・広報/販促

■プレスリリース
■LP(ランディングページ)

4 グロースハック

■ユーザーの行動分析
■広告・LPのABテスト案
■UI/UX改善

②既存事業を強化する際の支援 (1→100)

5 営業・戦略構築

■マーケにフィードバックする現場情報の相談
■現場にフィードバックするマーケ情報の相談
■営業・マーケ連動企画(展示会など)の相談

6 認知・リード獲得

■オウンドメディア(記事)
■eBook(ホワイトペーパー)
■LP(ランディングページ)
■メルマガ・LINE@活用

7 広告運用

■SNS広告運用(Facebook・Instagram)
■WEB広告運用(Google・Yahoo!)
■動画広告運用(Youtube)
■外部メディアへの広告出稿

8 採用・組織構築

■採用×マーケティング(Wantedly、Indeed、engage、Googleしごと検索)
■マーケと連動した営業体制構築の相談
■フランチャイズ本部構築の相談

レンタルCMOの3つの料金プラン

ライトプラン:月額5万円~

常にサポートは必要ではないが、このプロジェクト、課題だけピンポイントでアドバイスが欲しい。そんなあなたに向けたお手軽なプランです。

✓チャットツール「Slack」またはビデオチャットツール「Zoom」のみのやり取りとなります
✓月間1プロジェクト分のチャット対応、または月間4時間分のビデオチャット対応が基準となります
※分量によっては料金をご相談させて頂く場合がございます

スタンダードプラン:月額10万円~

困ったときにいつでも辞書のように聞ける存在が欲しい。そんなあなたに向けた、いちばんおすすめのプランです。

✓チャットツール「Slack」およびビデオチャットツール「Zoom」のみのやり取りとなります
✓チャットでの月間プロジェクト相談数は4つまで、ビデオチャット対応は月間6時間分までが基準となります
※分量によっては料金をご相談させて頂く場合がございます

カスタマイズプラン:月額30万円~

人件費はかけられないが、マーケティング専門家にがっつり協力して欲しいプロジェクトがある。そんなあなたに向けた、カスタマイズ可能なプランです。作業のご依頼も要相談。

✓チャットツール「Slack」およびビデオチャットツール「Zoom」を中心に、首都圏であれば対面でのご相談も可能です
✓チャットでの相談制限なし、稼働は週1人日分を想定しています
※分量によっては料金をご相談させて頂く場合がございます

ご利用の流れ

無料オンラインボトルネック診断
※zoomでのミーティングを想定

②プランお申込み

③キックオフミーティング

④業務開始

企業様の導入事例

Dctコーポレーション合同会社

プロボウラー 福岡三裕様

オンラインサロンの戦略構築から集客全般をお手伝い頂きました!

マーケティングについて何も知らない人、想いはあるけどレールを敷いて欲しい人、0→1の壁を乗り越えたい人とは相性が良いのではないかと思います。

アドバイスを頂いた結果、運用中の広告は1ヶ月間で1リスト150円~500円400リスト近く集まっており、LINE@は100名以上登録がありました。

オンラインサロンは4,980円と決して安くない月額にも関わらず、4ヶ月で100名を超え、日本一のボウリングサロンにすべく引き続き活動していきます。

よくある質問

Q1.無料オンラインボトルネック診断はどのような形で実施されるのですか?

LTV
LTV
1時間のZoomなどのビデオチャットによるミーティング、またはLINE@などのオンラインでのテキストミーティング1日を実施致します。事前にご与件をテキストにて送付頂ければ、そちらをもとにお話することも可能です。

Q2.オンラインミーティングをご依頼する場合、返信はどれくらいの速さで返ってくるのでしょうか

LTV
LTV
原則、ご連絡から24時間以内に返信させて頂きます。土日祝日や年末年始などが入る場合はご相談させて頂きますので、予めご了承ください。

Q3.対応できない範囲、別途料金になる範囲はあるのでしょうか?

LTV
LTV
基本的に、作業が発生する内容は対象外となっておりますが、必要に応じて料金プランの中でどこまでを対応範囲とするかは、開始前に協議頂けます。また、マーケティングオートメーションの動かし方については対応範囲外となりますので、ご了承ください。

Q4.成果が上がるか不安なのですが…

LTV
LTV
我々としても成果が出ないことに時間を費やすことは、お互いにもったいないと考えております。そのため、ご利用開始前の無料オンライン相談の段階でご与件を伺い、お役に立てそうかどうかをしっかりと判断させて頂きます。成果が出るイメージはないが、利益になるのでお受けする、ということはございませんので、ご安心ください。

Q5.オンライン相談に慣れていないのですが、どのようなツールを使うのでしょうか

LTV
LTV
基本的にはチャットツールの「Slack」「チャットワーク」またはLINE@での対応になります。場合によってはビデオミーティングツールのZoomを使うことも可能です。

Q6.会社の機密情報が外に漏れないか心配なのですが…

LTV
LTV
ご契約時にNDAを結ぶことも可能です。NDAの内容に沿った対応をさせて頂きます。

Q7.どのような企業が利用されていますか

LTV
LTV
BtoB、BtoC問わず、個人事業主から何十年続いている企業様までご利用頂いております。実績としてはシステム開発やプラットフォームサービスなどのIT系、SaaS系、IoT系、生活関連サービス系、住宅不動産系などで、首都圏・地方問わず中堅中小企業やベンチャー企業からのご依頼がほとんどです。

メディア掲載